本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴ります。

インスタグラムで出会った人に初めて会う体験をしました。

スポンサーリンク

 

おはようございます!!あやこです(^^♪

 

今日はインスタグラムを通して出会った方と初めて会った出来事のお話しです。

 

ネットを通して出会った人と会うのはmixi以来

 

ひと昔SNSを台頭したmixiって皆さんご存知ですか?mixiが流行り出したのはちょうど私が高校を卒業した頃の10代後半でした。今から約16年くらい前ですかね。

 

私がmixiを始めたのは東京に来てからの24歳くらいだったのを覚えています。

 

当時日記を公開したり、自分の興味があるコミュニティに所属したりと、

それまでは学校、職場以外の人と知り合うきっかけの少なかった時代に大きな衝撃を与えたと思います。

 

そんな中ネットを通して初めて会う経験をしたのが、カフェのオフ会でした。

当時からチキンだった私。

でも、このままじゃ人生いかん!!変わりたい。ということで、勇気を出して参加しました。

 

そこのカフェで初めましての出会いは、東京に来て知り合いが地元の友達しかいなかったので、とても刺激的でした。

 

そこでの出会いは本をたくさん読む人たちだったので、それから少しずつ本を読むきっかけを与えてもらえたのでした。今思うとありがたいきっかけをもらえたなと。

 

そんな時を経て、子どもを出産し、気晴らしに始めたインスタグラム。

 

始めて実はもう5年くらいになります。

結構長いんですよ。わたくし。

 

そんな中、2年前からやりとりをさせてもらっているフォロワーさんが、先日会ったミホさんなのでした。

 

スポンサーリンク

 

つながったきっかけはやっぱり本

 

当時育児の投稿から本の投稿へシフトし、読んだ本を淡々とアップし始めた頃でした。

フォロワーさんも少ない時代だったと記憶しています。

 

そんななか、コメントをくれたり、フォローしてくれた一人がミホさんでした。

 

それからお互いの投稿にコメントをしたりしてだんだんと仲良くなり、

お互いの事をなんとなく知っていったのでした。

 

それから2年、ついに現実の中の人と会うことになるとは!!

 

週末野心手帳に書いたことが叶った!会うきっかけはミホさんから

 

何気ない投稿に、ミホさんが「あやこさんと会いたいと思っています」とコメントをもらいました。

 

そして私も実は、2018年の年末、週末野心手帳の会いたい人にミホさんと書いていたんです。

 

f:id:genko-library:20190516023857j:image

 

2018年頃からミホさんに会ってみたいな。2019年は会う予感がする、

そんな風に少しスピリチュアルなインスピレーションがあったんです。

 

きっと私はこの人に今年会う!確かな予感がありました。

 

ミホさんからそんなコメントをもらった時、これは来るべき縁が来た!と思い、即レスでした。

 

会いましょうって。

 

いつか会いたいですねの社交辞令はなしです。

 

そこで問題が会う場所。

お互いを直線距離で結ぶと電車で2時間!!遠いです。

 

お互い子どももいるし、時間が限られている。

そんな中で、たまたまミホさんが出したキーワドが中目黒の蔦屋書店

 

ん?中目黒ならお互い電車1時間の距離だし、中間地点でよくない?

ということで、コトがトントン拍子に決まりました。中目黒ナイス!!

 

事前にミホさんの顔は知っていた

 

今回会うにあたって私は安心していました。なぜなら本人の姿を知っているから。

ミホさんはインスタライブを最近始めた方で、お顔を知っていたので、親近感倍増でした。

やっぱり自分の姿を出すって信用度が大きいです。

 

私は顔出ししていないという、アンフェアな状態で会うことに。(;・∀・)すみません。

 

実際にミホさんに会ってみて

 

私の開口一番は「どうも!!中の人でーす!」笑

 

インスタライブで拝見していたミホさんそのままの、かわいらしい女性でした。

爽やかで笑顔がとっても素敵な人なんです。

 

お互い好きなことを把握しているので、話は多岐に渡りました。

本のことや、家族のこと、子どものこと、仕事のこと。

 

ママ友でもなく、地元の友達でもなく、じっくりこうやって対面で誰かと話しをするのは、超久々のことだったんで、劣化していた脳からアドレナリンがたくさん出ている感じでした。

 

緊張しすぎて会う前はお腹痛いしソワソワでした。昔からこうやって構えちゃうんですよね。そんな自分が嫌で嫌でしょうがなかったんですが、これが自分だ。

脳が興奮しているから仕方ないと思うことにしました。

 

緊張したー。もっとうまく話せたら。そんな気持ちも持ちつつお腹いっぱいでした。

 

ミホさんの凄いところは、ライブを見ていても思っていたけれど、

会話のテンポが良い。

返しがうまいんです。すぐ例えていうならの話を具現化できるところ。

 

理論的に話すのが上手なんです。

 

その辺の要因を聞き出しました。私にはないものだからです。

 

そして子どもの頃から本に囲まれた生活をしていて昔から本を読むことが苦じゃなかったと。

ご両親が本が好きで、本が家にたくさんあったそうです。

 

その辺りのきっかけやルーツを聞くのって私は好きです。

 

私は本に囲まれなかった生活で、昔は本を読むのが苦痛でしょうがなかったからです。

 

人と人ってどこで交わるか分からないからおもしろい

 

こうやって生きていって、人生どこでその人と出会うか分からないのが、

出会いのタイミングの醍醐味。そこに私は感動します。

 

お互い交わることのなかった人と、自分の人生の一部に登場するって凄いこと。

東京にいると、たくさんの人を見るせいか余計にそんな奇跡の偶然を感じるのでした。

 

人生は本当にタイミング

そして会うべき人に会うと私は思っています。

 

ツイッターのフォロワーさんにも言われました。

 

本を読む、人と話す、会うのバランスって本当に大事だなと。

 

インプットとアウトプットのバランスですね。

 

私には言語を発してアウトプットするが欠けています。

文章のアウトプットは毎日していますが、言語化の割合が少ない。

 

私には人と会って話すということにハードルを高く感じてしまうので、

チャンスがあればこうやって会って、その人から学べるものを学びたいなと思います。

 

この日は眠れませんでした。

 

脳が興奮したんでしょうね。この日は日付が変わっても眠れませんでした。

首肩腰痛くなりました。

いつものことです。それくらいいつも人と会うと緊張してしまうのです。

こんな自分が変で悩んだ時期ありました。これも自分です。

 

それくらい私には刺激的な時間だったんだと思います。

 

それにしても中目黒の蔦屋書店。素敵すぎる!!

平日から本屋にいる大人がいっぱい!!羨ましいぞ!!

私の住んでいるところにはこんな素敵書店ないんですけれど!!!

ああいうお店が近場にあったら毎週通ってしまいそう。

 

中目黒、外国の方もたくさん居ました。

やっぱり電車に乗って都心に行くと、外国の方をたくさんたくさん見かけます。

 

基本人混みは嫌いなので、こういうきっかけがないと電車に乗って都心に行くことはほぼありません。

 

東京ってホント、出会いの宝庫なんだなと実感しました。

でもそんな中出会える人はほんの一握りなんですよね。

 

一度きりの人生。どんな人に出会って、また自分が磨かれるか楽しみです。

20代の頃、年上の人に言われた言葉が今でも心に残っています。

 

人は人によってしか磨かれないって。

 

私もそうやって出会った人の一部をおすそ分けされながら、また誰かに伝播できたらなと思ったのでした。

 

今回会ったミホさんは、手書きツイートや本の紹介。「ことば」を大事に自分を表現している方です。

 

フォロワーさんも2千人を超え、今後の活動も注目です(´▽`*)

インスタアカウント↓

@teddy_jpn

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library

スポンサーリンク