本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴ります。

子どものお年玉について

スポンサーリンク

 

おはようございます。あやこです(^^♪

 

新年が始まり早3日。

いつもどおりの生活をしております。

 

今日はお年玉の話です。

f:id:genko-library:20200103063340j:plain

子どものお年玉は使う?貯金する?

 

お正月、子どもの楽しみと言えばお年玉ではないでしょうか?

私も子どもの時、お年玉をもらうのがとっても嬉しいでした!!!

新札のいい香りが大好きで、今でもお金大好きですよ。笑

 

ただでもらえるものほどありがたいことはない!!!

 

そんなお年玉、子どもの頃どうしていたかというと、私は小さい時は貯金していたと思います。

島にいるんでね、買い物することってあまりないんですよ。

ある程度大きくなったら、沖縄に行った時に洋服を買ったりしていた記憶があります。

 

東京で子どもを育てていると、まぁ物の宝庫。

あれもこれも目移りしますよね。

経済を潤すために、販売業者もアレやコレやと手を変え品を変えです。

 

私は以前までは子どものお年玉は、どうせまだ分からないから貯金でいいやって思っていたんですね。

 

スポンサーリンク

 

でも、ちきりんさんの本を読んでから、価値観がガラリと変わりました。

こちらのブログにも本と同じようなことが書いていますので、

是非子を持つ保護者の方達に一読してほしいです。

 

去年こちらのブログを読んで、すごーく為になりました。

 

chikirin.hatenablog.com

 

大人の5千円と、子どもの5千円の価値は全然違う。

 

本当にこれはそう!!!!

子どもの頃ってお金が凄く貴重に思えたもん。

 

自分で好きなものを買っていいなんて夢の話。

きっと、親からしたら、もったいないとか、そんな無駄なもの買ってとかそんな風に思うかもしれない。

 

でもそれは、子どもの「選択する機会」「失敗する機会」奪っているということ。

損得で世の中そう甘く生きていけない。

 

色んなことを経験する機会を奪いたくない。

私はそう感じています。

 

我が家は本格的なお年玉は来年からあげる予定です。

娘が小学生になるのを機会にあげようと思います。

 

夫の両親からは、現金ではなく、好きなものを一つだけ買うというお年玉でした。

娘は洋服、息子はウルトラマンのフィギアをチョイス。

 

ちょっと特別な出来事に大喜びでした。

 

各家庭、それぞれの方針があると思いますが、私はお年玉はソッコー使うに大賛成です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク