本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴ります。

【ブックフェア】本屋さんイチオシの児童書100冊から気になる本

スポンサーリンク

 

おはようございます!!あやこです(^^♪

 

先週の読売KODOMO新聞は、読書ネタが多く、私にとっては嬉しい内容でした。

 

 

www.genko-library.com

 

もう一つ、気になる記事があったので取り上げたいと思います。

 

 

f:id:genko-library:20200525085443j:plain

6月1日から全国169書店で始まるブックフェア

6月1日から全国の書店169店舗にて「ブックフェア」が始まるそうです。

ブックフェアとは、言わば本の展示会のようなもので、書店が一押しの本を全面的に並べて本を紹介する企画のようです。

 

読売KODOMO新聞では、書店員さんおススメの本を月に2冊紹介しているんですが、

今回の新聞では、一気に100冊表紙と書名リストが並んでいました。

 

ごはんの本選びの参考に

 

娘が今、はまりにハマっている本は、魔法の庭シリーズ。

 

 

この休校中、読書習慣がついたのも、1冊のハマる本と出会えたことがきっかけです。

けれども、魔法の庭シリーズはどちらかということ、「おやつ」の本に分類されるのかな?と、思います。

 

文学的で、内面的思考を働かせる、「ごはん」のような本は、

私自身が知識が乏しく、どんな本がいいのか分かりません。

 

この「ごはん」・「おやつ」の表現は、

はなまる学習会の高濱先生が本でよく使う表現です。

 

 

スポンサーリンク

 

 低学年向けリスト31冊

 

100冊のうち、読売KODOMO新聞では、低学年向けリスト31冊が掲載されていたので、

今後の本選びの参考になりそうです。

 

図書館ももうすぐ再開される予定なので、このリストを参考に1冊ずつ借りてみようかな?なんて思っています。

 

中でも気になる本がこちら。

 

 へいわとせんそう

 

 ニュースで度々耳にする、ミサイルの話や、昔日本も戦争をしていたこと。

これらの問題をどのように伝えるか。

やはり、本が一番近道ではないかな?と、感じています。

 

 

生き抜くチカラ 

 

ボクがキミに伝えたい50のことば。

人生で大切なことは、親以外からの方がすんなり響くこともあるはず。

これは、むしろ私が読んでみたい!!笑

 

おわりに

 

夏が近づくと、読書感想文用の本がずらりと並んだりと、心に響く1冊と出会えるかもしれません。

 

運命の1冊と出会えるかは、人それぞれですが、まず本を読んでみないとそれは分からないと思うのです。

 

どんなきっかけでどんな本と出会うのは、本当に宝物探しと一緒かなと思っています。

 

私も子どもと一緒にまだ見ぬ本の世界を楽しみたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

読んだよ~!のしるしにポチッとして頂けると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク