本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴ります。

新NISAに向けて学資保険を解約しました。

妊娠中、たまごクラブの雑誌を読みながら、

生まれてくる子どもの未来のことをよく考えていました。

 

そんな雑誌の広告や特集に書かれていたのが、

学資保険!!

 

お金のことについて浅はかだった私は、

学資保険は入っておくべきもの。

そんな刷り込みがいつの間にか頭に入っていたように思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

解約しようと思ったきっかけ

 

子どもは二人産みましたが、

学資保険は一人分のみ契約していました。

 

子どもが亡くなり、

積立ていたジュニアNISAも解約しました。

子どもの為にと、

色々と準備していましたが、

まさかこんなことになるなんて。

子どもの銀行口座や証券口座の解約手続きは大分前に終えましたが、

相続手続きは悲しいものでした

 

 

話を戻します。

せっかく積み立てていた、

学資保険を解約しようと思った理由は、

ジュニアNISAで学費の準備はできていること。

 

 

www.genko-library.com

 

 

新NISAで運用した方が、

将来お金が増えている可能性が高いこと。

 

そして、

リベ大の両学長のYouTubeライブを毎朝聞きながら家事をしているのですが、

貯蓄型保険ってつくづくいらないなと結論に至ったからです。

毎朝聞いているので、

家計管理へのモチベアップにつながりました。

 

私も夫も生命保険は加入していません。

医療保険個人年金保険も未加入です。

 

理由は、

 

社会保険に加入しているので、

高額療養費制度が使えることや、

遺族年金などを加味すると、

要らないからです。

 

仕事上社会保険の手続きをしているので、

特に高額療養費制度のありがたさは身を持って知っています。

 

そして身近でガンになった父に、

手術や入院でいくら使ったか聞いてみたら、

やっぱり保険はいらないと思ったのでした。

 

年末調整の書類も仕事上扱うのですが、

皆さん保険に入りすぎでもったいないなぁなんて思います。

最低限の掛け捨て保険だけ入っている人を見ると、

しっかり勉強しているんだろうなと思ったり。

 

 

最近では、

YouTube山崎元さんとホリエモンさんとの対談で、

ガン保険の不必要性さについてお話されており、

 

どうして保険会社が立派なビルを保有していたり、

広告をたくさんだせるのか。

 

それだけ儲かるからくりを知ることができたのでした。

この手の話はリベ大YouTubeでも耳がタコになるほど聞いていたので、

納得です。

 

山崎元さんはガンを患い、

身をもって体験したお金の事情を語っておられました。

 

そんな経緯もあり、

同じお金をかけるなら、

新NISAで運用した方がはるかに利回りがいいと分かり、

解約する決心がつきました。

 

保険会社も契約者からの元手で、

資産運用をして増やしているんですよね。

結局同じことをするなら、

自分でやった方が、はるかに利益が大きいと思いました。

 

 

解約をしていくら損をしたか

 

契約していた学資保険は、

子どもが18歳の時に100万円。

 

更に22歳の時に100万円。

 

計200万円もらえる学資保険です。

 

返礼率109.5%の保険でした。

 

今までかけた保険料の総額は、

¥1,001,160円

 

そして、

今回解約して戻ってきた金額は、

¥996,600円

 

差額、4,560円のマイナス

意外と損をしていなかったのでびっくりでした。

もっと少なくなるんじゃないかと思っていたからです。

 

満期まで学資保険の、

保険料を支払っていれば、

+197,912円ですが、

 

最初から投資信託で運用し、

利回り3%と仮定すると、

総額2,385,600円

+583,512円です。

 

金融庁のサイトで、

シュミレーション計算しました。

 

こうやって数字で見ると、

最初から投資していた方がはるかによかったです。

 

あの頃の私に株式投資について教えておきたかった!!

今の若い人が本当に羨ましいです。

 

解約は簡単でした

 

解約は、ネットから解約申し込みをしました。

その際、

 

対面での解約は不要

解約理由は教育資金の準備ができたこと。

新NISAを活用したい旨を伝えました。

途中解約のデメリットも承知の旨も伝えました。

 

後日、

契約者である、

夫に解約意思の確認として、

保険会社さんから電話が来て、

解約書類が送られてきました。

 

解約を引き留めるために、

新たな保険の勧誘案内の封書も入っていましたが、

無視しました。

 

保険会社さんもあの手この手を使って、

引き留めようとしますね。

その心意気を感じました。

 

尚、返戻金に所得税はかかるのか?と疑問に思いましたが、

50万円以上利益が出ていないの大丈夫です。

 

これも書面に税金について、

難しいことが書かれていましたが、

 

途中解約なので、

利益がでるわけないから、

紛らわしいことをアナウンスしないでほしいなと感じました。

おかげで調べて勉強になりました。

 

 

書類にサインと押印、

身分証明書を添付して、

書類を投函すると、

一週間以内に返戻金が振り込みされました。

 

とにかく対面で手続きをすると、

引き留められることが目に見えていたので、

こちらの強い意志表示をしておいてよかったです。

 

 

 

新NISAで投資する銘柄

 

2024年から新NISAがスタートします。

非課税で運用できる、

生涯投資枠1,800万円。

 

ありがたい制度すぎます。

 

夫婦で投資枠を埋められるように、

コツコツ積立したいと思います。

 

新NISAを活用される方は、

どんな投資銘柄を選ぶかはもう決まりましたか?

 

私は色々悩んだ結果、

 

夫の証券口座では、

eMAXS Slimのオルカン1本をコツコツ積立します。

積立投資枠が埋まったら、

成長投資枠でも同じ銘柄を積立てる予定です。

 

今現在継続中の、

一般NISAでも同じ銘柄を積立ていました。

 

夫の証券口座は、

投資信託オルカンのみです。

余計なものは買っていないので、

凄くシンプルです。

 

 

私の証券口座では、

新NISAは、

 

同じくeMAXS Slimシリーズの、

オルカンとS&P500を半々ずつ積立る予定です。

 

新NISAは老後資金目的ということで、

全部投資信託を積立する予定です。

配当金も再投資してくれる、

一番効率よい運用だと思っています。

 

積立NISAではS&P500のみに投資していましたが、

リスクヘッジのために、

オルカンにも投資します。

 

私は、キャピタルとインカム狙いで、

積立NISA以外に、

日本の高配当株、米国高配当株も運用しています。

こちらは生活費の足しになっているので、

今後も持ち続けて配当金を享受したいと思います。

 

12月に入り、

学資保険の返戻金も入り、

新NISAの積立設定もしました。

 

あとはほったらかして、

じっくり育てたいと思います。

 

お金については、

たくさん失敗しながら学んでいます。

 

株式投資も5年目に突入。

2024年も運用を続けたいと思います。

 

以上、学資保険を解約したこと、新NISAの方針についてのお話でした。

参考になれば幸いです。

 

★お金の勉強で参考になった書籍はこちら★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

読んだよ~!のしるしに、ポチっと応援して頂けると更新の励みになります^^ ↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク