本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴ります。

40歳になったので大腸内視鏡検査を受けました!

2023年8月、

父が大腸がんのステージ3となり、

緊急入院からの手術となりました。

 

調子が悪く病院へ行ったら即入院となりました。

 

今まで大きな病気一つしてこなかった父ですが、

大腸がんは、大腸内視鏡検査をすれば、

早期発見できる病気です。

 

そんな父の病気を反面教師とし、

症状が出てから、さあ大変とならないために、

自分のために。

そして、子供のために自分の健康を保とうと行動しました。

 

今年40歳になったので、ちょうどいい機会だと思いました。

 

大腸がんは女性がかかる死亡率1位のがんです。

なぜ多いかは、

多分恥ずかしさのために検査を受けない人が多いことが原因ではないかと思います。

 

出産を経験した女性なら羞恥心は全然ないですよ!!と、

私は声を大にして言いたい。

出産に比べたらかわいいものです。

 

そんな大腸内視鏡検査を昨日受けてきましたので、

今日は体験談を記録したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

検査までの流れ

 

大腸内視鏡検査を受けるために、

まずは病院へ行き予約をとることをお勧めします。

 

私は胃がんハイリスク検診のついでに、

大腸内視鏡検査を受けたいことを伝え、

予約をとりました。

 

女性なら生理日と被らない日がお勧めです。

自分の周期と相談して決めるとよいと思います。

 

予約をとった日に、

お薬や下剤、前日に食べる食事セットを渡されました。

 

検査二日前から内服をします。

センノシド錠という薬を夜8時に内服。

 

これは内服後8~10時間後に便通を促すお薬だそうです。

 

翌日は、お腹がゆるくなりました。

 

検査一日前は、

病院で用意された食事キットを食べます。

 

11年前に大腸内視鏡検査を受けた時は、

このようなキットはなかったので、

今は凄く便利になったなぁと思ったのでした。

 

働いていても食べやすいようなキットとなっています。

 

三種類くらいあったキットから私はこちらを選びました。

 

 

朝ごはん

卵と鶏肉と人参入りの雑炊です。

 

レンジでチンなので簡単でした。

 

お腹も満足の量でした。

 

お昼ごはん

 

お昼は、りんご味のゼリーミール二つと、

懐かしのビスコです。

 

これは働いている人にも簡単に摂りやすい内容だと思います。

あっという間に食べ終わりました。

 

夕ご飯

 

写真撮り忘れました(;・∀・)

ハンバーグとお粥です。

ハンバーグは小さく、レトルト特有の味でした。

柔らかいじゃがいもと人参もいくつかソースと一緒に入っていましたよ。

 

お昼が少なかったので、

お腹が空きすぎて、

夕方ふらふらでした。

 

夕飯も少ないですが、

食事のありがたみを実感しましたよ。

 

夕食は夜7時までに済ませ、

8時にセンノシド錠を内服しました。

 

検査当日

 

検査は10時の予定です。

 

病院から指示通り、

朝6時から下剤を混ぜた水を飲みます。

この下剤を飲むのがかなり大変。

 

 

指示された通りに下剤を飲み、

排便します。

 

下剤の粉に水を混ぜて、

200㎖を10分間隔で飲みます。

 

味はポカリのような味でした。

 

飲み始めて40分後くらいからトイレとお友達状態に。

飲み始めて1時半経ったくらいがピークでしたね。

 

大腸内視鏡検査の一連で、

この下剤を飲むのが、

一番辛いポイントかと思います。

 

大腸内視鏡検査の流れ

 

病院で受付を済ませたあとは、

院内で用意された服に着替えます。

 

ズボンみたいのをはくのですが、

ちょうどお尻のあたりに穴が開いているので、

脱がなくても検査できるという便利な服でした。

 

順番が来るとベッドに寝かされ、

血圧を測ったり、

脱水を防ぐために、

点滴をされました。

 

その後寝た状態のままで、検査室に運ばれるので、

とっても楽です。

 

検査室に入ったら、

麻酔を点滴され、

すぐに頭がふらふら、うとうと状態になりました。

 

やっぱり検査が始まる時は緊張です。

 

そして大腸に内視鏡が挿入され、

丁寧に見てもらいました。

 

内視鏡の管が大腸に入っている間、

モニターを見れるので、

自分の目でも大腸がどうなっているのか知れるのが良いでした。

 

頭はぼーっとしており、

全く痛みはありませんでした。

 

途中態勢を変えた時に、

大腸の中に今管がこの辺にあるなという感覚が分かりました。

 

検査自体は20分くらいで終わりました。

 

その後10分ほど横になった状態で休み、

着替えを済ませたころには、

ふらつきも治まっていました。

 

検査結果を先生に教えてもらいましたが、

大腸の状態は綺麗とのこと。

ポリープもありませんでしたと言われ一安心でした。

 

次は何年後くらいに検査を受けたらいいかを聞いたところ、

まだ若いので5年後くらいで大丈夫だと思いますと言われました。

 

なので、次は45歳を目安に受診したいと思います。

 

検査場には、

高齢の方がほとんどでした。

 

年を重ねてからのこの検査は結構大変だろうなと思うのでした。

 

大腸内視鏡検査のお値段は6000円ほどでした。

 

終わったあとのお昼ご飯はうどんを食べましたが、

食事ができるって本当にありがたい。

つくづく自分の身体は毎日頑張っているんだなと改めて思うのでした。

 

今月の一番のメインイベントと言っても過言ではない、

大腸内視鏡検査。

 

検査を受けるのは大変ですが、

自分の今の身体の状態を知ることができてとても良かったです。

終わった後の達成感が清々しいです。

 

皆さんもぜひ年を重ねたら、

自分のためにも、周りの人のためにも、

検査を受けてみてください。

 

以上、11年ぶりに受けた大腸内視鏡検査の様子でした。

参考になれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

読んだよ~!のしるしに、ポチっと応援して頂けると更新の励みになります^^ ↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク