本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴りたいと思います。

それはかつての私でした。半径5メートルの野望を読んで。

おはようございます。

 

スポンサーリンク

 

はあちゅうさんの「半径5メートルの野望」を読みました。

半径5メートルの野望 完全版 (講談社文庫)

 

ここ最近いい刺激をもらえているはあちゅうさんです。

この本を読んで、そこにはかつての私の気持がありました。

 

20代前半に感じたあの気持ちでした。

少し自分の話になりますが、私は小さな離島、与論島で生まれ18歳で親元を離れて沖縄の専門学校に通いました。

そこを卒業して沖縄で就職し、そこで貰える給料は手取りで13万円くらい。

そこから国保国民年金を支払い、手元に残るのは10万円でした。

 

10万円で生活すると頑張って残るのは2万円。

ふと思ったんです。

当時はとりあえず100万円貯めるを目標にしていました。

これじゃあ時間がもったいない。

このまま私はここに居ても何も変わらないんじゃないだろうか。

与論島と沖縄しか知らない人生で終わりたくないと、

何か沸々と湧き上がるものがありました。

 

当時はお金もないので、家ではインターネットも使えません。

そんな状況でしたが、東京に行けば何かが変わるかもしれない。

テレビの影響ですね。

東京に行けば何とかなると思ったんです。

 

私は人混み嫌いだし、電車の満員電車も嫌いだし、

それでも現実を変えたいって思い、怖い気持ち、不安な気持ちを持ちながら東京に上京しました。

 

この行動は正解で、東京に来て1週間で就職先も決まり、

給料も沖縄時代に比べたらたくさん貰えれるようになり、

生活も安定しました。

 

それからカフェ会や単発の習い事、好奇心の赴くままに行動しました。

とある女子会で感じたこと。

名刺をいただいたりお話ししたりするなかで、

皆さん何かしらの「肩書き」がある人ばかりだったんですね。

 

その時私は感じたんです。

 

「あ、私って何もない」

「何者でもないんだ」

 

その時のこの気持ち。

そんな気持ちを状況は違えど、この本に代弁してもらっているかのように、

あの時の気持を思い出すきっかけとなりました。

 

目線を半径5メートルに目を向ける。

大事なものはすべてそこにある。

一つずつ、やるべきことをやあれば夢は叶う。

 

スポンサーリンク

 

東京に居るとたくさんの好奇心を刺激されます。

あれ食べたい、これ観たい、行ってみたい、行動すれば全て叶います。

 

現状維持は退歩。

この言葉を20代前半に知り、座右の銘として生きてきました。

常に成長したいと思う気持ちがあります。

 

これからも自分の半径5メートルに目を向けそこを充実させる努力をしようと思えた本でした。

 

10代20代の人におすすめです。

f:id:genko-library:20180924060355j:image

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library