本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴りたいと思います。

歳の重ね方のお手本になる人。内田彩仍さんの「季節の暮らしと服支度」を読んで。

スポンサーリンク

 

おはようございます。

過去に読んだ本の紹介です。

 

内田彩仍さん著書「季節の暮らしと服支度」を読みました。

季節の暮らしと服支度 (ナチュリラ別冊)

 

内田彩仍さん、その着こなしや、暮らしぶり。

たくさんの本を出されていますが、

本屋さんで見かけた時、「この人素敵~!!」が第一印象でした。

 

重ね着が上手で、暮らし方や、丁寧な文章、お手本になる女性です。

 

この本を読んでココロに残ったことば

 

◆好きな服を着るだけで、気持ちが明るくなったり、勇気づけられたり、

幾つになっても変わらない。

 

◆ふたりの記念日を大切にすることも、風通しをよくする秘訣だと思うのです。

 

◆気持ちに余裕がないと、移り変わりゆく季節に、心を動かすことができない気がします。

 

◆本は、日々の暮らしの糧。

 

◆「今日もきっと大丈夫」とつぶやきながら、心のありようを変えてみたら、

焦らず前に進めそうです。

 

◆女性としての目標は、女性らしい気遣いができて、少しだけ恰好いいおしゃれができる人。

 

◆心がやわらかくないと、素直に綴れない気がします。

 

「季節の暮らしと服支度」より

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

この本で紹介されていた気になるお菓子

京都「亀末廣」の「京のよすが」

内田さんの本を読んでいると、気になるお茶菓子が度々登場します。

 

この本を読んで感じたこと

 

朝晩冷え込むようになってきましたね。

公園の木々の落葉を見たり、澄んだ空気、どんぐり拾い、

肌で季節の移ろいを感じています。

 

改めて読書ノートを読み返し、内田さんの言葉に触れ、

私も内田さんのように季節と寄り添いながら、

暮らしを楽しむ女性でありたいと強く感じました。

 

洪水のように流れてくる情報。目まぐるしい日々。

ゆったりとした言葉に触れることは、一度立ち止まらせてくれるストッパーの存在です。

 

温かい飲み物を飲みながら。

ゆっくりとページをめくりたい。

そんな本でした。

 

エッセイ本大好きです。

 

 

誰かの暮らしをちょっぴり疑似体験。

少しでもいいなと思えるところが私の一部になれますように。

 

スポンサーリンク

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library