本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴りたいと思います。

徹底的に才能について書かれた本、「才能の正体」を読みました。

スポンサーリンク

 

おはようございます!!あやこです(^^♪

 

坪田信貴さん著書「才能の正体」の紹介です。

f:id:genko-library:20181225120508j:image

「自分に才能はると思いますか?」

 

この質問に自分が答えるとすれば「才能」はあると答えます。 

どんな才能か?と聞かれれば言葉に詰まりますが、

私という人間はこの世界中でたった一人の人間。

私にしかない才能があるはずです。

 

そして、テレビで活躍する人を観るたびに、あの人は才能があっていいな。

ベストセラーの本を読むたびに、こんな才能あふれる文章が書けていいな。

そんなことを思うのはしょっちゅうです。

私を含め、その人の過程を見ず、結果だけを見る人も多いのではないでしょうか?

 

では才能っていったいなんでしょうか?

どう見つけて、どう伸ばしていけばいいのか?

 

この本はそんな「才能」についての本です。

 

「やればできる」はまやかしの言葉。僕は絶対に使いません。

 

僕は、才能というものは誰にでもあって、それは「正しい努力」次第で手に入るものだと考えています(「正しい努力」ということが大切ですが)。

 

「やればできる」という思考は「結果至上主義」なんです。

その結果が手に入らないと分かった瞬間に、やることそのものをやめてしまうのですから。

 

こういうときに使うべき正しい言葉は「やれば伸びる」です。

何事も、やらないよりやった方が絶対いいのは間違いありません。

誰でも、何かを始めて、それをを継続していければ、やった分だけ成長して、経験した分だけ経験値は増えて、必ず伸びていく。

能力が伸びれば、その「部分」が極立ってきて、「才能」になる可能性がある。

 

 

「やればできる」という言葉はよく使うし、耳にする言葉でした。

「やればできる」という思想は「できそうにないなら、やらない」人になってしまうということだそうです。

 

確かに、職業を決める時とかがそうでした。

この仕事は出来そうか?やりたいことか?やれそうなことか?そんな判断基準が少なからずありました。

 

「やれば伸びる」この思考があれば、どんなことだってある程度やり、伸びることできます。つまりその思考が才能なんだなと思いました。

そして「正しい努力」これがポイントですね。

 

スポンサーリンク

 

あなたは、わが子を、わが部下を、「黙って」見守ることができるか?才能を開花させるには、これに尽きる。

 

ドキッとする耳の痛い話です。

親なら誰かしら心当たりがあるはずです。

この「黙って」ができません。

 

親故に経験があるからこそ、こうした方がいいよ。

親にとって都合が悪いから、こうしなさい。

ついつい言ってしまう言葉ばかりです。

 

自分を出せなくなると、能力は伸びない。鍵を握っているのは「親」

 

もうこの言葉。私自身が自分を出せない人間なので、本当にそうだと痛感しました。

自分をもっと伸び伸びと表現できれば、誰といても自分を出せれば、力をもっと発揮できるのに。そんな風に思ったことは何度となくありました。

 

こんな自分になったのも私の親にも何か原因があったのかしら?そんな風に思ってしまいました。思い当たるとすれば、年子の弟が私には居ます。

 

さいころから「甘える」ということが出来ず、育ったように記憶しています。

甘えた記憶がほとんどありません。弟をいじめていたことだけはよく覚えていたので、嫉妬していたんでしょうね。

 

娘と息子を育てていると、特に娘に対して自分と重ねてしまうことがあります。

そして私自身も末の息子に甘かったり。

私自身がよく分かることなに、娘にも同じ気持ちを抱かせているのかもしれません。

 

私は真ん中っ子だったこともあり、親に迷惑をかけることもなく、自分の気持を押し殺して生きていたような気がします。

 

この「自分を出す」。子どもがこれから大きくなるに連れ大事なことだと思いました。

 

必ず、能力は伸びるし、人材は育つ

 

スタッフでも、熟生でも同じです。

まず現実になってほしいことを言葉にする。

言葉にして、その言葉を何度もアウトプットして、それによって感情を動かす。

「歩むべき大切で正しい道(大義)を定め、目的を明確化する。

同じ目的に向かって進むための信頼関係を作る。

これをやれば、必ず能力は伸びるし、人材も育ちます。

 

 

著者の坪田さんは経営者でもあります。

人を雇い入れる時、この一般社会では才能がないと言われた人たちを採用し、

その人に秘めた才能を次々と開花させていきました。

 

才能はマネジメントできるといいます。

 

 

 

結局は「自分が一番没頭できるもの」を大事にてそれを磨き続ければそれが、才能として発揮される。「自分の好き」を一番大事にすれば自然と花開くのかなと思います。

 

子を育てる親として、子のいい面をできるだけ伸ばしたい。

伸び伸びと本来持っている能力や、好きな事に熱中させてあげたい。

そうは言っても、こちらも一人の人間、未熟者なので、理不尽なことをぶつけてしまうことも今後もあると思うけれど、「才能」について考えるいい機会になりました。

 

自分自身、子ども、部下、組織、あらゆる「才能」に焦点をあてた本書。

「才能がある人」になるか?

「才能がない人」のままでいるか?

ここまで才能について書かれた本はないと思います。

気になる方は読んでみてください。

まとめ

才能は誰にでもある

 

子どもの才能は親次第、期待をせず信頼する

 

正しい努力をすれば才能は伸びる

 

スポンサーリンク

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library