本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴りたいと思います。

美味しい料理と優しい言葉で読むと元気がでる、「マカン・マラン」を読みました。

スポンサーリンク

 

おはようございます!!あやこです(^^♪

 

今日は古内一絵さん著書「マカン・マラン」の紹介です。

f:id:genko-library:20190118061152j:image

この本はインスタグラムを検索していて見つけて、装丁が好みだったので読んでみました。

お料理系の小説も大好きです。

 

あらすじ

 

元エリートサラリーマンにして、

今はド派手なドラァグクイーンのシャール。

そんな彼女が

夜だけ開店するお店がある。

そこで提供される料理には、

優しさが溶け込んでいて―。

 

じんわりほっくり、心があたたかくなる

至極の4作品を召し上がれ!

 

Menu

「春のキャセロール」

早期退職者候補になった、仕事一筋の40代キャリア女性へ

 

「金のお米パン」

手料理を食べなくなった中学生男子に

 

「世界で一番女王なサラダ」

仕事に夢を見られない、20代のライターへ

 

晦日アドベントスープ」

病を抱え、倒れてしまったシャールへ

彼女に助けられた人々が、素材を持ち込み想いを煮込めた極上スープ

 

スポンサーリンク

 

二十三時の夜食カフェ

 

ドラァグクイーン、シャールが提供している夜食カフェ。

カフェの目印はハナミズキ

商店街の路地裏にあり、偶然でない限り見つけるのは難しい。

 

そんなカフェに引き寄せられるように巡り会う人々。

ここには様々な悩みを抱える人たちが集まる。

 

シャール自信も病気を抱えている一人なのであった。

そんなシャールはお客さんを見て、どんな状況なのかを判断し、

その人に必要な栄養と愛情が詰まった料理を提供してくれるのだ。

 

私もマクロビを少しかじったことがあるので、読んでいて分かる部分があった。

 

食材や、体質にも、陰、陽、中庸というのがあって、食材や料理で調整する。

 

この本には、今のあなたは陽に傾いているからこの料理がぴったりよ。

そんな具合で提供してくれるのだ。

 

身体は食べものからできている。

常々感じていることなので、やっぱり食べものって大事だなぁと思った。

そして何もよりも人との関わりも大事。

 

所々のシャールのアドバイスに心があたたまる

 

◇「苦しかったり、つらかったりするのは、あなたがちゃんと自分の心と頭で考えて、

前に進もうとしている証拠よ」

 

◇「空っぽなら、埋めていけばいいんじゃないかしら」

 

シャールの料理と言葉で温まるこの本、読んでよかったです。

私の好きなジャンルの本です。

 

料理が好きな人、ほっこりしたい人、ちょっと元気がない人に読んでほしい1冊です。

 

 

こちらの本のシリーズ。あと2冊読む予定です。

 

先日図書の受付のお姉さんに、私もこの本読んでいるんですと、

鞄の中から本をサッと取り出して見せてくれました。

 

「○○さんも読んでいるんだ!と嬉しくなっちゃいました」

と、声をかけてもらえました。

 

図書の受け取りへ足しげく通っていると、もう皆さんと顔見知りになっているので、

こういう会話が出来る日はとても嬉しいです。

 

この人こんなの読んでいるんだと、一番身近でバレバレな相手ですからね。

ちょっぴり恥ずかしいです。

 

以上、読んでいてほっこりする小説「マカン・マラン」の紹介でした。

 

引用文は全て古内一絵さん著書「マカン・マラン」(中央公論新社)より

スポンサーリンク

   

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library