本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴ります。

マカン・マランふたたび 女王さまの夜食カフェを読みました。

スポンサーリンク

 

おはようございます!あやこです(^^♪

 

以前読んだ、古内一絵さん著書マカン・マランに続いて、                 

第二弾「女王さまの夜食カフェ」を読みました。

f:id:genko-library:20190129085144j:image

過去の記事はこちらです。

 

 

www.genko-library.com

 

あらすじ

 

病に倒れていた

ドラァグクイーンのシャールが

復活し、いつものように

常連がくつろげるお店に戻った

「マカン・マラン」。やがてお店には

導かれたように

様々な悩みを抱えた人たちが

ふたたび集まって来る。

 

彼らに対し、シャールが提供する

今回のお料理は。

 

=MENU=

 

「蒸しケーキのトライフル」

<擬態>だけが得意になる、ランチ鬱の派遣社員

 

「梅雨の晴れ間の竜田揚げ」

夢を追うことを諦めた二十代の漫画家アシスタントに

 

「秋の夜長のトルコライス

子供の発達に悩み、頑張る続ける専業主婦へ

 

冬至の七種うどん」

親子のあり方に悩む柳田とシャール。

それぞれの結論とともに食す「再生うどん」

 

スポンサーリンク

 

この本を読んで

 

前回読んだ「マカン・マラン」に引き続き、こちらの「女王さまの夜食カフェ」

今回も自分と投影するお話しがたくさんでした。

 

特に自分と重ねたのが、第一話の「蒸しケーキのトライフル」

 

女子特有の人に合わせて行動、独身時代感じた、淡々と続く毎日の中で、

「自分ってなにもないなぁ」と感じたあの不安感や焦りを思い出しました。

 

私って自分自身おもしろくないなぁって思ってしまうんです。

楽しいことを言えないし、人と話している時、何を話せばいいのか言葉につまったり。

 

第一話の真奈と似ている部分を感じたのでした。

 

そんな中、マカンマランを訪れて、次第に変化していく真奈のこころ。

 

 

P69より~

〝あんた、やるじゃない〟

そう言って、ジャダに肩を叩かれたときと同じ、ささやかな充実感が込み上げる。

これくらいでいいのかな。

ふいにそんな思いが、真奈の胸に兆す。

なにも特別なことは話せなくても、会話なんて、もしかしたらこんな感じでいいのかな―。

 

 

この言葉は自分と重ねるのでした。

 

私も肩に力を入れず、自然と出てくる言葉を話せばいいのかな。

 

今回ぐっと来たシャールお姉さんの言葉

 

真奈が謙遜した言葉を言った時、

 

~P71~

慌てて否定しようとした真奈を、シャールは遮った。

「あなたも、自分のことを、〝ただの〟とか、〝つまらない〟とか言っちゃ駄目。

それは、あなたが支えている人や、あなたを支えてくれている人たちに対して、失礼よ」

 

穏やかだが、毅然とした口調だった。

いつの間にか流れていた音楽が終わり、部屋の中には、キジトラの安らかな寝息だけが響いている。

真奈の瞳に、ゆっくりと温かな涙が込み上げた。

 

 

現実世界でもそうですが、人が誰かと関わって、変わっていく様子っていうのはやっぱりいいですね。

 

いろんな人のブログを読んでいても分かる瞬間があります。

この人、最近変わってきた。

 

人間ですもの。日々変化しますよね。

そんな何気ない変化に、自分も頑張ろうとか、ちょっと立ち止まって自分ならとか、

考える時間が好きです。

 

小説はどこかしら自分と重なる部分があるので、ハッとしたり、分かる分かる~と思ったり。

 

今回の女王さまの夜食カフェもそんな自分と重なるシーンがたくさんでした。

引用文は全て、古内一絵さん著書「女王さまの夜食カフェ」(中央公論新社)より

 

もう一冊このシリーズを積読中です!!読むのが楽しみです♪

 

スポンサーリンク

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library