本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴ります。

オリエンタルラジオ中田敦彦さん著書「僕たちはどう伝えるか」を読みました。

スポンサーリンク

 

おはようございます!!あやこです(^^♪

 

今日は正月休みに読んだ本の紹介です。

 

オリエンタルラジオ中田敦彦さん著書「僕たちはどう伝えるか」です。

f:id:genko-library:20190105132407j:image

ん?どこかで見たことあるタイトル。

一昨年とても流行った本ありますよね。私も読みました。

凄くすごーくいい本だったのでまだの方はぜひ!!

 

 

前々から思うことは、お笑い芸人さんってアタマがとてもいい!ということ。

お笑いは頭の回転、人の心をつかむ、語彙力、たくさんの武器を持っていないと、

中々秀でることってできないと思います。

 

そんな中、本を出しているお笑い芸人の方で有名なのは、

キングコング西野亮廣さんですが、今回の中田敦彦さんも、

人の心をつかんできた秘訣が書かれていました。

 

私がこの本を読もうと思ったのは、アメブロの文章力とおもしろさがきっかけです。

前々から説得力ある、理論的で分かりやすい文章を書く人だなぁと思ったからです。

 

ameblo.jp

それでは本の内容を一部ご紹介です。

 

以心伝心してくれるのを待っていたら、もう連携できない。

 

日本人は、くしくも小さな島の中で、

長いこと同じような種類の人々と連携してきた。

それは小さくて濃いコミュニティを生んだ。

「以心伝心」

 

言葉にしなくても伝わることを美徳とした。

空気が読める人間が、重宝されてきた。

だが、時代は変わった。

 

グーグルが、アップルが、あらゆる新しい技術が、

日本をもう一度開国させた。

 

空気を読む人間が、衰退していく。

時代を読む人間が、台頭していく。

 

多様な価値観が交じり合う時代がやってきた。

 

そんなむき出しの、野生の時代にもう一度、

人類はその最大の武器を使うことになる。

伝達能力だ。

 

時を経て、その「伝達能力」は

こう呼ばれるようになった。

「プレゼンテーション」である。

 

変わりゆく時代を生き残ろとする国民に告ぐ。

 

どうかこのプレゼンの力を身につけて、

ともに生き残っていこうではないか。

 

スポンサーリンク

 

 

あっちゃんのプレゼン力

 

敦彦さんは、プレゼンとは戦いであるという。

 

慶応義塾大学在学中にあっちゃんはアルバイト先で、相方の藤森さんと出会う、

そこでお笑いコンビを結成した。

 

その時あっちゃんは「吉本興業」に入りたいため、猛反対する父に人生を賭けたプレゼンをした。

この時プレゼンに失敗していたら、今のオリエンタルラジオはないという。

 

「前例のないことをしようとするとき、大きな壁が高く立ちはだかる」

 

みなさんは「RADIO FISH」の「PERFCT HUMAN」を覚えているだろうか?

 

武勇伝で大ブレイクをし、「PERFCT HUMAN」でまたブレイクをさせた。

 

その裏側にもあっちゃんのプレゼンの力があったという。

 

そして人を引き付けるあのダンス、最後に小声でいう、「I’m perfct human」

あのセリフにも仕掛けがあったというから驚きです。

 

この本を読んで、人を引き付ける人、一世を風靡した人達はやはり、圧倒的努力と、思考と、行動をしてきたことが分かりました。

 

この本は30分で読めますと言っているほど、簡単に読める本でした。

 

あっちゃんのキメ顔がちょっと笑えるこちらの表紙の本。

 

西野さんが台頭する中で、後ろからぐいぐい走って来る中田敦彦さん、

今後も注目の人です。

 

スポンサーリンク

 

引用文は全て中田敦彦さん著書「僕たちはどう伝えるか」宝島社より引用

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library