本のある暮らし

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴りたいと思います。

読書ノートに使っているペン。「シグノ0.28mm」について。

スポンサーリンク

 

おはようございます!!

 

先日は読書ノートに使っている文具、マイルドライナーについて書きました。

 

www.genko-library.com

 

 

今日は、ノートに使っているペンの紹介です。

 

シグノ0.28mmを使うようになったきっかけ

 

よくインスタグラムのノート垢さんの投稿を見ると、

モレスキンに万年筆を使って書いているオシャレな様子が目に留まります。

 

私もこのモレスキンを購入したとき、ペンはどうしようか?

一番に考えたのがコレでした。

 

買おうかどうしようか凄く迷ったんですね。

でも万年筆を使ったことがない私はどれを使っていいのかが分かりませんでした。

 

そして近くの文具屋さんで見てみてもピンとくるものがありません。

 

そして愛用していたペンがサラサの0.3mmのペンでした。

始めの頃はこのサラサで書いていたんですが、

もっと細いペンがないかなぁと思っていた矢先に出会ったのが、

 

シグノの0.28mm!!

早速購入し、読書ノートの相棒として使うようになりました。

 

モレスキンとの相性

 

私が使っているモレスキンは方眼タイプなので、

升目があります。

 

このシグノ0.28mmはそんな小さな升目にもぴったり書けるくらい細いので書きやすいです。

 

紙にも滲まずきれいに書けます!

色の種類もあるので、私は(黒、赤、青、緑)を愛用中です。

 

市販のペンのいいところ。

 

まずは値段が安い。

万年筆と比べると値段が安いのがポイント

 

近くの文具店で買える

これは大事だと思います。すぐ買える環境って大事。

読書ノートを書くようになって、ペンの減り具合が早いんです。

なのであっという間にインクがなくなります。

人生でこんなにもペンを使ったことはありませんでした。

もう何本インクを交換したかというところです。

 

以上、私が使っている読書ノートのペンの紹介でした♪

 

読書ノートを書いている人の参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library